MORYLAB;

エンジニアの卵がソースコードやライフログを綴るブログ。

RubyKaigi 1日目レポ

昨日から仙台国際センターで開催されているRubyKaigiに参加してきました。簡単に1日目のレポをまとめます。


f:id:morrrry:20180601125452j:plain


基調講演

まつもとゆきひろ氏のKeynote
今回は「ことわざ」をテーマにした講演でした。

・名は体を表す

名前って重要だよね、という話
プログラミングは概念で構成されているものだから、名前付けがとても大事。

概念をよく理解していれば、名前付けが比較的簡単になる。つまり、概念を理解できなければイケてる名前をつけるの難しい、と。 名前は使い勝手へと結びつき、ユーザビリティにもつながる。

これからはグーグラビリティを意識していくことも大事。 GoとかSwiftは一般的な名詞だからグーグラビリティが良くない。そんな名前にしてもやっていけるのは裏に巨大なスポンサーがいるからで、僕らはそうではない。NokogiriとかRuby on Railsとか、名刺を組み合わせたりTypoを変えたりするとグーグラビリティ良くなるよね、と。

・時は金なり

プログラマーって忙しいよね。時は金なりだからコードを効率的に書くことってとても大事。 例えばStringクラスだと、使えるメソッドがズッラァァァァァと並んでいて、やりたい処理はだいたい載っている。

僕はRubyのそういうところが好きです。

・塞翁が馬

Ruby is dead every year.
Rubyは毎年死んでいる。それでも何度でも蘇るさ!」by Matz


これ以降はスライドのみ載せます。 (内容まで描きたかったけど時間が...)


bancor: Token economy made with Ruby

speakerdeck.com

Deep Learning Programming on Ruby

speakerdeck.com

All About RuboCop

speakerdeck.com

RubyGems 3 & 4

www.slideshare.net

A parser based syntax highlighter

speakerdeck.com

After PartyでMatz氏とツーショットを撮ってもらって感動中です。初めてRubykaigiに参加してみて、Rubyのコミュニティって素敵だなぁという感想でした。 2日目3日目も楽しみです。

※2日目のレポートは気が向いたらやります。